このページの先頭です

転職ならどっち?転職エージェントとハローワークそれぞれの利点

119views

投稿日:

転職エージェントは求人の質が高いことが多い

転職エージェントは、ハローワークに比べると求人の質が高いことが多いです。というのも、転職エージェントを利用する企業サイドは、それなりの金額を払わないとならないのです。しかし、ハローワークの場合は、求人を掲載するのにまったくお金がかかりません。ということはつまり、どのような状態の企業であっても、求人を出すことができるということになります。

では、ある程度高い求人の掲載費用を払うことができるような企業と、まったくそうした求人のための費用を払わないで採用活動を行う企業、どちらの方が質の高い企業だといえるでしょうか?それはまず間違いなく前者の方が質が高いということになるでしょう。なので、求人の質としても、ハローワークに比べると転職エージェントの方が高いということになります。

エージェントの方が失敗する可能性は少ない

ハローワークを実際に利用したことがある方ならばわかるかもしれませんが、ハローワークでの対応は、別にこちらの味方でも企業側の味方でもないというような対応になります。しかし、転職エージェントでは、紹介しないと転職エージェント側にも報酬が入らないわけですから、転職を成功させようと頑張ってくれるでしょう。つまり、こちらサイドの味方であると言えるのです。

求人の質が高い上に、転職エージェントのコンサルタントが、転職を成功させるために協力してくれるわけなのですから、転職エージェントを利用した方が、転職に失敗する可能性は少ないでしょう。転職エージェントではコンサルタントが、面接や履歴書などの応募書類の準備にまで協力してくれるので、そうした応募の中で落ちるという可能性を少なくすることができるでしょう。

それはつまり、良いと思った企業に入れる可能性が、ハローワークに比べると高いということになります。だから、落ち続けて結局微妙な企業に転職することになり、転職に失敗するという可能性も少ないでしょう。

ハローワークは求人数がとにかく多い

では、ハローワークの利点はどこにあるでしょうか?転職する上でハローワークを利用する利点は、求人数がとにかく多いという点でしょう。ハローワークは、先述のとおり、求人を載せる費用をかけることなく求人を載せることができます。なので、必然的に求人の数は多くなるのです。

求人の数が多ければよいというわけではありませんが、数が多ければそれだけその中で自分にしっくりくる企業を見つけることができる可能性も高くなることは間違いないでしょう。たとえば、何か特殊な資格を活かすことができるような仕事を探している人の場合、求人数がハローワークに比べると多くはない転職エージェントでは、見つけることができないこともあるのです。

でも、ハローワークくらいの求人数があれば、それもきちんと見つけていけるでしょう。だから、特にそういう特殊な仕事を探している方は、ハローワークでの転職活動もアリだと言えます。

のんびり転職活動ができる

転職エージェントを利用しての転職活動は、期限が定められていることが多いです。それはそうでしょう。いつまでも一人の人の転職をサポートしていたら、商売は成り立ちませんから。でも、その期限内に転職が決まらない人だっていますし、そもそもそんなに転職時期が近々ではないという方だっているかもしれません。

その場合は、転職エージェントでの転職はあまり向かないといえるでしょう。ハローワークであれば、別に何も期限などはないので、のんびりと転職活動をすることができるようになります。だからたとえ転職時期がまだまだ先でも、転職活動をしていくことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です