このページの先頭です

便利って本当?!転職エージェントのメリットとデメリットを紹介

296views

投稿日:

転職エージェントのメリット

非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントが扱っている募集案件の中には、少数の人材を厳選して紹介したい場合に利用される「非公開求人」が多数含まれています。こうした非公開求人はハローワークなどで手に入る一般的な求人情報の中には含まれていないため、転職エージェントを利用することでより多くの選択肢の中から自分に合った転職先を探せます。

転職コンサルタントを利用できる

転職エージェントを利用すると、専属のコンサルタントに様々な悩みを相談できます。また不採用になった際は、転職コンサルタントを通して採用を見送られた理由などを聞けます。

さらに転職コンサルタントから面接の際に大切なポイントや面接官の基本的な姿勢、転職に役立つ資格などに関する様々なアドバイスも受けられます。そのため、次の会社の面接を受ける際に効果的な準備ができるなど、転職コンサルタントを利用することで様々なメリットが得られます。

利用料金が不要

転職エージェントは求人募集を出した会社が人材を紹介してもらった際に支払う成功報酬によって運営されているため、転職希望者は転職サイトやハローワークなどを利用する場合と同じように無料で転職エージェントを利用できます。

面接などの日程を調整してくれる

一般的に転職活動は現在の仕事と併行して行うため、転職先の面接を受けるための日程調整が簡単ではありません。そのため、忙しい時期などにうまく転職を希望する会社と面接などの日程を合わせられず、せっかくのチャンスを逃してしまう場合が少なくありません。しかし、転職エージェントは転職希望者と会社のやりとりを仲介してうまく面接の日程を調整してくれます。

書類選考を通りやすい

転職エージェントを利用すると履歴書や職務経歴書などを書く際に、転職コンサルタントによる添削を受けられます。転職コンサルタントは会社の人事担当者が注目するポイントなどを詳しく把握しているため、高評価されやすい書類に仕上げられます。

そして、転職エージェントを経由して転職を希望する会社に書類を送る際には、履歴書などと一緒に推薦状が送られます。推薦状には転職希望者の性格や能力などが転職先の会社に合う理由が書かれており、一般的な書類だけを送る場合よりも人事担当者の好印象を得やすいため、書類選考を通過しやすいというメリットがあります。

転職エージェントのデメリット

転職先を限定される

転職エージェントは求人募集を出している会社に人材を紹介した際に受け取る報酬によって運営されているので、効率よく転職希望者を内定させる必要があります。そのため、転職希望者の学歴や資格などの条件を見て、あらかじめ内定させることが難しそうな会社を除外して内定する確率の高い会社の情報を紹介します。

そのため、異業種への転職など過去の経験やスキルから離れた転職を希望する場合は、求めている会社の情報を得られない可能性があります。

転職コンサルタントの質に差がある

転職エージェントには多数の転職コンサルタントが在籍していますが、その全員が経験豊富で仕事の早い優秀な転職コンサルタントではありません。まだ経験が浅いため仕事が遅かったり、得意分野を持っていない転職コンサルタントなども存在します。そのため、十分な実力を備えていない転職コンサルタントが専属になる可能性があります。

転職エージェントの都合を優先される

転職エージェントが受け取る報酬は、求人募集を出している会社に紹介した人材の年収に左右されます。そのため、転職エージェントは転職希望者を少しでも年収の高い会社に内定させようと努力してくれます。しかし、年収の高い会社の方が転職希望者の満足度が高いとは限らないため、年収の高さを優先して紹介した会社が転職希望者の要望に合わない社風の場合があります。

また、転職エージェントごとにコネを持っている得意分野の業界が存在しており、その得意分野が転職希望者の要望と合致した場合は頼もしい存在となります。しかし、転職希望者がそれほど求めてないのに得意分野の業界を強く勧められる場合があるなど、転職エージェント側の都合が紹介される会社の情報に反映される可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です