このページの先頭です

それもあり?転職エージェントを複数利用する2つのメリット

222views

投稿日:

求人の幅や数が広がる

複数の転職エージェントを利用することのメリットとしてまず言えるのは、求人の幅や数が広がるという点です。転職エージェントでは、当然ながらそれぞれ付き合いのある企業に違いがあります。

ということは、この転職エージェントにはこの求人があるけれど、この転職エージェントではその求人はないというようなことが起こるのです。でも、そうして求人の幅を限らせてしまうと、その分だけまだ見ぬ素敵な選択肢を減らしてしまうことになるのです。それはやはりすごく勿体ないことだと言えるでしょう。

複数の転職エージェントを利用すれば、そうなることはなくなります。Aという転職エージェントにない求人も、Bという転職エージェントにはあるかもしれませんし、また別のところにはCという求人があったりするのですから。

転職サイトのようにエージェントを使える

それはつまり、転職サイトのように転職エージェントを使えるようになることを意味します。転職サイトは、かなりの数の求人があります。だから、その中には素敵な求人もあるでしょう。しかし、転職サイトの場合、その中から自分で求人を見つけていかないとならないので、かなりの時間がかかります。

複数の転職エージェントを利用すれば、その手間がかからない上に、求人数が増えていくわけなのですから、転職サイトのように転職エージェントを使えるだけではなく、むしろ転職サイトよりも使いやすくなると言えるでしょう。

複数のコンサルタントと接することができる

複数の転職エージェントを利用するメリットとして、複数のコンサルタントと接することができるということもあります。複数のコンサルタントと接することがなぜメリットになるのかわかりますでしょうか?それはやはり、コンサルタントといえども人間だからです。人間と人間が接するのですから、中には相性の悪いコンサルタントも必ずいます。

でも、一度転職エージェントを利用すると、なかなか同じ転職エージェントで担当を変えるのは難しいでしょう。だから、一つの転職エージェントだけでは、コンサルタントとの相性が悪くてうまくいかなくなる可能性があるのです。複数の転職エージェントに登録すれば、必然的に複数のコンサルタントと接することになります。

だから、もしたとえ一つの転職エージェントで、そこのコンサルタントと相性が悪くても、ほかのところでもっと相性の良い人を見つけることができて、それによってきちんと転職まで持っていくことができるようになるでしょう。

複数のコンサルタントと接すると視野も広がる

複数のコンサルタントと接することは、相性以外にも良い点があります。それが、複数の意見をもらうことができるという点です。それは、転職先選びでもそうですし、自分の強みを見つけるようなシーンにおいても言えることです。複数のコンサルタントと接して、様々な視点から、こんな仕事があっていると思うという意見をもらえば、今まではまったく視野に入っていなかったような仕事にも興味を持てるようになるかもしれません。

強みだって、一つのエージェントからだけではなく、いろいろなところで見てもらうことによって、たとえばまったく活かせないと思っていた資格が武器になると気付かされたり、あるいは弱点になると思っていたような職歴も、逆に武器になると教えられることがあるかもしれません。

そうして武器を増やしていくことは、より完璧な準備につながります。準備がしっかりしていれば、当然転職もうまくいきやすいですから、転職をうまくいかせるためには、複数の転職エージェントを利用して、複数のコンサルタントと接するべきだと言えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です