このページの先頭です

よりよいキャリアをめざす!ステップアップにつなげる転職の基本

301views

投稿日:

転職でステップアップ

終身雇用でひとつの会社に勤め続ける、というのはとっくに過去の話になっています。現代の労働市場では転職は当たり前、自分をどれだけ高く売り込めるかがよりよいキャリア形成につながるのです。リスクにおびえて転職に及び腰になる人は少なくありませんが、今勤めている会社にだって倒産やリストラなどのリスクはつきまといます。

むしろより良いキャリアを積極的に築き上げていくことがリスクを回避することにもなるでしょう。よりよいキャリア形成は人生を実り豊かなものにします。転職によるステップアップを通じてさらなる高みと充実した労働環境を手に入れてください。

転職成功のコツは条件を明確にすること

転職を成功させるために重要なのは「条件を明確にすること」です。なぜ転職するのかは人によって異なります。より高い給料を求めて転職する人もいれば仕事内容や職場環境を条件に転職先を探す人もいます。家族の都合で労働時間の短さや勤務地を条件にする人も増えています。

どのような条件を新しい職場に求めるのか。それが明確になっていなければ転職の成功は望めません。逆に言えば条件さえ明確にしておけば転職の成功率はぐんと上がります。なぜ転職するのか、何を求めるのかを自分自身に問いながら条件をピックアップし優先順位をつけましょう。

希望条件全てを満たす転職先が見つかれば最高ですが、そのように魅力的な職場はまず見つかりません。給料は高いが勤務地が遠い、通いやすいが残業が多いなど職場でも一長一短はあるものです。条件に優先順位をつけておくことで求人を比較検討しやすくなりますから、転職活動に入る前にどの条件を優先しどの条件であれば譲れるのかをはっきりさせておいてください。

転職したいときがベストタイミング

転職するにしても時期を見計らって、と考える人は少なくありません。しかし、転職のベストタイミングとは企業が人材を求める時期でも大量の離職者が出やすい時期でもないのです。ではいつが転職のベストタイミングなのか。答えは「あなたが転職したいと思ったとき」です。

確かに人材不足の時期は転職者には有利ですが、時期がずれているからといって転職を見合わせるのは賢い選択とはいえません。あわない職場で仕事を続けるのは自分にとっても会社にとってもマイナスですし、仕事と並行しながら準備するといってもできることには限界があります。

転職はしたいと思ったときがするべきタイミングです。転職を決意したら変にタイミングを見計らうことなくすぐに行動に移しましょう。多少の時期的な不利は転職にかける情熱で十分挽回できます。

転職は周囲の力を借りて成功させよう

転職するといっても自分一人の力ではできることは限られてしまいます。求人情報を集めるのも転職市場を調査するのも時間と労力に制約がある状況では十分な活動は望めません。転職を成功させるためにも全てを自分一人の力でこなそうと考えずに、積極的に周囲の力を利用しましょう。

使える人脈は積極的に活用しよう

家族や友人、仕事上の知人など頼れそうな人や使えそうな人脈は積極的に利用しましょう。ツテやコネといった形で転職希望者を受け入れる企業は案外多く、中には全ての求人を非公開で行っている企業も存在します。頼れる人脈を持った人が周囲にいるのなら、転職先のあっせんをお願いしましょう。

転職仲介のプロに相談する

転職仲介のプロに相談するのも有効な方法です。転職エージェントや転職コンサルタントなど、転職希望者と起業の間に立って人材をあっせんするプロフェッショナルの力を借りることで自分にあう求人を見つけられる確率はグンと高まります。

エージェントやコンサルタントは基本的に人材を受け入れる企業から報酬を受け取っているため、転職希望者は無料でサービスを利用できます。それぞれが持つスキルや資格に応じてふさわしい求人をあっせんしてくれるだけでなく模擬面接や転職アドバイスなどのサポートサービスも行ってくれるので、積極的に力を借りてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です