このページの先頭です

転職の面接で資格をアピールする時に気を付けたいポイント6つ

117views

投稿日:

資格をアピールする際の6つの注意点

転職活動では、資格をアピールする際には以下の6つの点に注意してアピールしていきましょう。

仕事に関係ある資格をアピールにする

まず当たり前ですが、仕事に関係ある資格のアピールにする必要があります。資格にもいろいろなものがあります。その中には仕事に活かせるものもあれば仕事には活かせないものもあるでしょう。

たとえば難関と言われる気象予報士の資格ですが、それを一般的な仕事で活かせるシーンはまずありません。なので、それをアピールしてもあまり意味がないのです。アピールするならばその仕事で活かせる資格にしておきましょう。

資格の背景をアピールするように

資格そのものをアピールするというのは、あまり効果的ではないことが多いです。転職活動では、資格そのものをアピールするのではなく、資格を取った背景をアピールするとよいでしょう。たとえば、こんな課題を克服するために何々の勉強をはじめて、その結果資格を取り、それによってどうなった、ということをアピールするのです。すると全体を通して評価があがっていくでしょう。

具体的な努力の内容も忘れずアピールする

そして実際に、その資格を取るためにどのような努力をしたのかという点も、具体的にアピールしていきましょう。たとえば、毎日何時から何時までを勉強の時間にあてたとか、そういう具体的な努力を述べていくのです。

すると、こちらが努力してその資格を取ったことが伝わり、自分が努力できる人間であることをアピールできます。努力できる人間を嫌う企業はまずないでしょうから、それはどの企業に対してもよい印象を抱かせることにつながるでしょう。

アピールする資格を増やしすぎない

転職活動で資格をアピールする際には、アピールする資格を増やしすぎないことも大切です。たとえば、ある一つの資格をアピールした後に、どこかのタイミングでまた資格の話をし始めたら、だいたいの場合でそれぞれの資格のアピールの印象が薄くなります。それではせっかくの資格が勿体ないです。なので、そうならないように、アピールする資格は一つにしておきましょう。

アピールする資格はなるべく語学以外にする

アピールする資格は、なるべく語学以外の資格にするのが良いでしょう。もちろん語学の資格もすごいことではあります。でも、語学の資格のアピールは、転職活動でもいやというほどに聞かされているでしょう。それくらいにいろいろな人が取る資格なのです。できれば転職活動でアピールする資格は、そういう資格ではなく、もっと印象に残るような資格が良いでしょう。

当たり前の資格のアピールをしない

当たり前の資格をアピールしないということも大切です。たとえば、そんな人はまずいないでしょうが、タクシードライバーの求人に対して、2種の運転免許があることをアピールしても、それは当たり前の話です。こんな風に、それを持っていないと仕事にならないという資格をアピールしても、ただのアピール時間の無駄になります。注意してアピールしていきましょう。

資格のアピールだけに頼りすぎないように

資格のアピールは確かにうまくやれば効果的なアピールにもなるものです。でも、このように、資格のアピールには注意がたくさんあるのです。なので、盲目的にそれに頼りすぎない方が良いです。それだけで勝負するのではなく、ほかにも志望動機等をしっかりと準備して、総合的に勝負していくようにしていきましょう。

たとえば転職エージェントのコンサルタントに相談したりすれば、そうした準備もしっかりしていけるでしょう。忙しい時期でもスムーズに転職活動ができるようになりますし、転職エージェントでもコンサルタントでもなんでも使えるものは利用して、そういう意味でも総合的に勝負していくのが正解です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です