このページの先頭です

転職エージェントにある本当のメリットは?デメリットも解説!

284views

投稿日:

転職エージェントの活用にはいろいろなメリットがある

転職したいけど中々希望に合った求人が見つからないと言う時に頼りになるのが転職エージェントです。コマーシャルを流す転職エージェントも登場し、一般の方にも広く知られるようになりました。そんな転職エージェントにはいろいろなメリットがあります。

希望に合った求人紹介が受けられる

北海道から沖縄まで転職エージェントでは数万件以上もの求人を揃えています。検索システムがあるとは言え、膨大な求人から探し出すのは大変です。転職エージェントではキャリアコンサルタントによる転職支援サービスを提供しています。転職支援サービスではスキルや経験、資格など一人ひとりに合った求人紹介が受けられると言うメリットがあります。

非公開求人の紹介が受けられる

転職エージェントではキャリアコンサルタントから非公開求人の紹介が受けられます。公開求人より非公開求人の方が多いと言う転職エージェントが殆どです。そのため求人の選択肢が増えると言うメリットがあります。

好条件の求人を公開すると応募者が殺到し、すぐに決まってしまうことがありました。非公開求人は転職エージェントに登録しないと閲覧が出来ません。好条件の職場に転職したいと言う方にも魅力の大きな求人となっています。

最新の転職動向を知ることが出来る

転職を成功させるには最新の情報収集が必要です。転職エージェントでは最新の転職動向を知ることが出来ると言うメリットがあります。わざわざ転職希望者が情報収集を行うと言った手間は掛かりません。転職活動の時間節約にも繋がります。

履歴書や職務経歴書の添削が受けられる

転職活動の際に重要となるのが履歴書や職務経歴書の準備です。転職エージェントでは履歴書や職務経歴書の添削が受けられるため、書き方が分からないと言う転職希望者でも安心です。さらに推薦状を企業に渡すと言う転職エージェントがあるため、内定に繋がりやすくなります。

面接対策が受けられる

転職エージェントでは面接対策も行っています。事前に面接対策を行うことで、面接官の質問にスムーズに答えられるようになります。給与など条件面の交渉代行まで行っており、中々交渉を切り出せないと言う転職希望者でも安心です。条件交渉を行ったからと言って不利になる心配は殆どありません。

転職エージェントの活用にはデメリットもある

メリットがある反面、転職エージェントの活用にはデメリットもあります。

担当キャリアコンサルタントの質が悪い

転職エージェントにはたくさんのキャリアコンサルタントが在籍しています。その中には経験豊富なキャリアコンサルタント、経験の浅いキャリアコンサルタントが存在しています。キャリアコンサルタントによってはサービスの質が悪くなると言うデメリットがあります。1社だけの転職エージェントでは無く、23社併用した方が良いです。

得意分野と不得意分野がある

総合型転職エージェントでは幅広い職種を取り扱っています。キャリアコンサルタントによっては得意分野と不得意分野と分かれることがあるのです。不得意分野は求人の選択肢が狭くなってしまいます。希望に合った求人が中々見つからず、希望の転職時期に間に合わない恐れがあります。医師や看護師、薬剤師など特化型転職エージェントならこのデメリットは回避することが可能です。

希望よりも内定の出やすさが優先されることがある

転職エージェントは無料で利用することが可能です。転職エージェント会社は求人を出した企業から報酬を受け取りしているからです。そのため転職者の希望よりも内定の出やすさが優先されることがあるのです。納得出来る求人紹介が受けられるまで、転職エージェントのサービスを利用することが可能です。希望に合わない求人だった場合は遠慮なく断って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です