このページの先頭です

【業界・職種別】転職活動で持っていると有利になる資格まとめ

109views

投稿日:

新しい世界に飛び込んでいくための武器

最初にやらなければならないこと

転職活動を始めるに当たっては、何から手をつけるかを間違えないようにしなければなりません。少しでも早く新しい仕事を始めたいと思うのは、多くの人に共通している希望です。しかし、正しい順序で活動を進めるようにしないと、いつまでも応募·面接を繰り返すだけで終わってしまいます。

活動を始めたばかりの時期は、具体的な仕事を探し始めるのではなく、どのような業界·職種が自分に適しているのかを考えることが大切です。業界·職種に関する情報収集や分析こそが、最初にやるべきことなのです。また、専門のコンサルタント·エージェントに相談して、適切なアドバイスを受けることも欠かせません。

経験があるだけでは不十分

何年も経験を積んできたことで自信を持つ人は多いですが、経験があるからといって、スムーズに転職できるとは限りません。応募先の企業が求めている経験と自分が積み重ねてきた経験とが一致している場合に、初めて高い評価につながるのです。そのため、転職をサポートしているコンサルタントやエージェントの話を聞くことが欠かせません。

専門の第三者から見れば、本当に意味のある経験なのか、あまり役に立たない経験なのかが分かります。意味のある経験なら、積極的にアピールしていくことが有益です。しかし、あまり役に立たないと思われてしまう経験の場合、そのままアピールするのは逆効果になりかねません。高い評価につながるように、上手な表現を考えていくことが大切です。

形として示せるものが必要

経験を積んでいることをアピールしても、具体的な中身は相手に伝わりにくいものです。そこで、形として示せるものが必要になります。すなわち、資格を取得していることをアピールするのです。資格を取得していれば、きちんと勉強してきたこと、試験合格という目標を達成する力があることが証明されます。

経験と資格とを合わせてアピールすることで、自分のスキルを分かりやすく説明することができるのです。ただし、資格のことだけを話しているのでは、勉強しかできない人間だと思われてしまう可能性があります。経験の場合と同様に、表現の仕方を工夫することが不可欠です。

業界·職種によって求められる資格が違うことに注意

あらゆる業界で通用するのは簿記

資格がアピール材料になるとしても、何でもよいはずがありません。業界·職種によって、求められているものは異なるのです。何が求められているかを見極め、適切なアピールをする必要があります。まず、どのような業界でも役立つ資格として挙げられるのは簿記です。

簿記というと、経理の仕事に直結するイメージがありますが、経理の仕事に就かない人でも簿記の知識が必要になる場面が多々あります。財務諸表を読み取るスキルがあれば、売上を伸ばしたり、経費を削減したりすることができます。仕事探しを始めるまでに時間がある人は、簿記の勉強をしておくことが望ましいです。

IT関連の仕事がしたいなら基本情報技術者試験

IT関連の業界で働きたいのなら、基本情報技術者試験の勉強が役に立ちます。コンピュータ·プログラミングなどの幅広い知識が必要になる試験なので、パソコンの初心者が合格するのは簡単ではありません。

ITの仕事を本格的に始めてから勉強する人も目立ちますが、あらかじめ準備しておけば、他の人より一歩前に出られるのです。もちろん、基本の段階で満足せず、上位の応用情報技術者試験を目指すようにすれば、より高い評価につながります。

需要が高まっている語学

グローバル化が進んだことで、日本語だけでは通用しない状況になっています。そのため、英語を中心とした語学の試験に合格することも大きな武器になります。ただし、3級程度の低い級に合格しているだけでは、アピールするのが逆効果になりやすいです。最低でも2級、可能であれば準1級を目安に勉強し、応募·面接の際にアピールしていくことが望ましいと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です