このページの先頭です

転職で資格は必要?転職の際に資格が必須な職種まとめ

121views

投稿日:

転職と資格

転職活動において資格は重要な役割を果たします。資格を持っているということは一定レベルの知識と技術を身に着けているという証明になるだけでなく、有資格者しか就くことが許されない特定の業種や職業への転職も可能になります。

キャリアチェンジをめざすなら、転職準備として資格取得をめざすのもひとつの方法です。試験対策などで時間が取られるため転職の時期は伸びてしまうものの、有利な条件で転職できることを考えれば決して損ではありません。今の仕事に行き詰まっているのなら資格に挑戦し、取得した資格をいかして新しいキャリアを切り開きましょう。

転職に資格が必須な職種

医療系の職種

医療系の職業は人間の生命にかかわる仕事であり、高度な技術と知識が求められます。多くの職種において資格が必須とされていますが資格取得の難易度は高く、多くの職場で慢性的な人手不足となっています。

医療系の転職市場は有資格者であれば転職先に困ることはないほど売り手市場であり、医療系職種の転職を専門に手がけるエージェントやコンサルタントも存在するほど転職が活発に行われています。

代表的職種としては「医師」「看護師」「薬剤師」「診療放射線技師」「助産師」「臨床検査技師」などがあります。どの職種も全国で需要があり、未経験者でも資格取得に成功すれば転職のチャンスは広がります。

ドライバー系職種

車両を運転するドライバー系の職種も乗車する車両に応じた運転免許が必須の職種です。いわゆる運転免許と呼ばれる「第一種中型自動車免許」だけでは転職のチャンスは少なく、プロのドライバーとして働くにはより専門的な「大型免許」「二種免許」「特殊免許」などが必須です。

保有している免許に応じた求人があるので、エージェントやコンサルタントに保有免許を伝えた上で求人情報を集めるようお願いすれば自分に合う転職先は見つかります。近年は人手不足が深刻化しており未経験者でも採用されやすく、経験を積んだベテランドライバーはどの職場でも引く手あまたです。

運転免許は各種資格の中では比較的取得しやすいというメリットがあります。年に数回の限られた日程でしか受けられない資格試験が多いなか、各種運転免許試験は平日であれば全国で試験に挑戦できるので転職準備の一環として免許取得にチャレンジする人は多く見られます。

建設系職種

建設系の職種は高度な安全が要求されるため、分野ごとに専門資格が必須です。建築物を設計する「建築士」「商業施設士」、安全な工事の進行を管理する「建築施工管理技士」、工事現場で各種専門技術作業を担当する「技術士」「コンクリート技士」「電気工事士」など設計から施工までそれぞれ有資格者が専門的な作業を担当しています。

建築現場に欠かせない建築車両を扱うのにも資格が必要です。クレーンやショベルカーなど車両ごとに免許を保有していなければ運転および操作は認められず、有資格者でなければ転職はできません。

士業系職種

俗に士業と呼ばれる職種に関しては資格が必須です。士業とは「~士」という名称で呼ばれる専門職の総称で、その中でも最難関とされる「弁護士」「司法書士」「土地家屋調査士」「税理士」「弁理士」「社会保険労務士」「行政書士」「海事代理士」の8職種は8士業と呼ばれています。

8士業の他にも「測量士」「消防設備士」「不動産鑑定士」など士業に含まれる職種は多く、転職をめざして資格取得にはげむ人が多く見られます。士業系資格は別会社への転職にも有利ですが、独立開業にも使えるのが大きなメリットです。会社勤務で経験を積み士業系資格を取得して独立開業するケースは少なくありません。

士業系の資格は取得難易度が高い難関資格が多く、何年もかけて資格試験に挑戦し続ける人もいます。分野ごとに需要はバラバラで、中には取得難易度が高いのに需要が低く転職にあまり役立たない資格もあるので注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です