このページの先頭です

転職に有利な資格は本当にあるの?立場にもプラスなポイントとは

124views

投稿日:

転職に直結する資格は少ない

転職に有利になるという資格は多いものの、転職に直結するものはほとんどないのが現実です。ほとんどの企業や職場では実務経験が重要視されるため、ただ資格を取っただけでは不足になる場合が多いのです。新しい技術を導入するために有資格者を求める場合は、むしろコンサル経験などの方が重視される場合があります。

責任者の候補を雇用しようとすればコストの算出やリスクの割り出しが必要になります。資格だけでは補えない範囲が広くなるため、資格だけを重視するわけには行かないのです。一方で、有資格者がいなければ仕事にならない業務も存在します。有資格者がいなければ法律上の規定を満たせない場合や、認可を受けられない場合はそれだけ影響が大きくなります。

介護施設で看護師の常駐が必要になるように、最低限常に需要が存在する資格が存在するのがポイントなのです。従業員の数が一定以上の場合は資格保有者の選任、または兼任が必要になる衛生管理者などの資格も存在します。比較的取得が容易なものもあるため、知っておくだけでプラスになります。

取っておけば面接で好印象になる資格もあるため、転職への影響度が高いものを優先するなど工夫をした方がいいケースがあるのです。転職には時間がかかるケースもあるからこそ、時間を無駄にしない工夫が必要になります。転職エージェントのコンサルタントを受けながらバランスを考えるなど、第三者の視点を入れながら資格取得を目指すのもおすすめです。

エージェントがコンサルタントを行う際のポイントとしても使いやすいだけでなく、やる気や向上心をアピールできるのも魅力です。転職エージェントはやる気のある人間の方が企業に紹介しやすいため、紹介しやすい人物であることを示すのも大切なのです。

求人が増える前に準備をするのがポイント

転職をする場合は求人が増える前に準備をしておくのが基本になります。年度が替わる時期や年末の繁忙期に向けた時期は特に求人が増えるため、春や夏は転職シーズンにもなっているのです。求人が増える前から情報収集を行い、現在の自分の適正年収や需要を探っておくことは非常に重要です。

資格がなくても十分な転職につなげられる場合もありますが、資格手当がつくなどプラスにつなげやすくなる場合もあります。年収を上げるためにも重要な要素になるため、どれだけニーズがあるか把握しておくことが大切です。ポイントになるのが、転職エージェントサイトなどで聞かなければ見つけることができない非公開求人は意外と多いということです。

情報を公開すればそれだけ人材は集まりやすくなりますが、応募が集まりすぎれば事務的な負担が増します。一定割合で応募用件を満たさない人材からの問い合わせも入ってくるため、現場の士気の低下につながることもあります。負担の軽減のために転職エージェント経由で人材を募る企業は増えており、特に職務経験を積んだ人材の需要は非常に強いのです。

キャリアが浅くても仕事を見つけやすい第二新卒向けのエージェントサイトなどが存在するのもポイントです。年齢が若いのはそれだけで武器になります。若手が不足している企業は多く、自社で教育を行うことを前提にしている企業も存在するのです。逆に言えば、年齢を重ねれば資格などの武器がなければ競争が厳しくなるということでもあります。

どのような層にニーズがあるかは求人を眺めるだけではわからないことも多く、転職エージェントでコンサルタントを受けた方がいい理由の一つにもなっているのです。取りたい資格があるのであれば、どれだけ転職に有効か聞いてみる方法もあります。資格試験の開催が年1回など機会が限られる資格も多いため、優先すべき資格かどうか見直すことも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です